2017年8月3日木曜日

最近のつれづれ〜うつ病だったり、猫の病気、などなど〜


上の写真は、チョコ(猫)の余命があとわずかだと判明して、慌てて撮影した家族写真。チョコは椅子に四つ足で座る姿勢を取ることもできないほど弱ってたので、お姫様抱っこされています (笑)。

胸に溜まった水を抜くために4時間ほど入院して帰宅したチョコ。 溜まってる水が肺を圧迫してて、肺の大きさが通常の1/5以下に小さくなって。水を抜いてやれば呼吸は楽になるけど、また水が溜まって、それを繰り返しながら次第に弱っていくのだそう。治癒するのは不可能。 抗がん剤での延命はただチョコに辛い思いをさせだけなので、私たちは、とにかくチョコが苦しくないように楽に死なせてやりたいと思う。 . で、水を抜くのには注射針を刺してやるんだけど、弱ってるから麻酔すると命が危険なので、麻酔なしで。。。ほとんどの猫ちゃんはそれで大丈夫らしいんだけど、チョコは激しく抵抗して、水抜きできないまま帰ってきた。 それでも家に帰ってきてホッとしたのか呼吸が少しだけ落ち着いてる。首を撫でてやると気持ち良さそうに目を細める。 . HayatoやYuiは、まだ「死」というものを理解できない。どうして伝えたものか。けれど近いうちに直面する現実を、小さい胸で受け止めてそれぞれに何かを、ゆっくり時間をかけて感じてゆくのかな。 Yuiとは一緒に育った双子の片割れみたいなもの。Yuiが将来に渡って覚えていられるような年齢に、あと半年くらいは生きててほしかったなぁ。チョコ。 . 追記: ステロイド投与が効いたのか少しだけ動きだした。で、シフォンケーキを美味しそうに食べてます(*^^*) . #cat #猫 #猫白血病
mitsunaga chieさん(@chie_nicola)がシェアした投稿 -

去年の8月31日に、うちの店の駐車場で車の下に迷い込んで来た、まだ生後1ヶ月になるかならないかだった子猫。その2週間後に保護して我が家の可愛い飼い猫・チョコと名付けられました。
当時のブログ記事 
>> http://chienicola.blogspot.jp/2016/09/blog-post.html
10月に猫白血病ウイルスのキャリアであることが判明して、長くてもあと3年の命だと告げられました。でも、チョコは元気そのもの!!インターフェロンの投与3クールしても、ウイルスは陽性のままだったけど、きっとチョコは例外的に10年くらい生きるよね!と、私も夫も楽観的に考えてた。だって、元気だったんだもん。ほんの1週間ちょっと前までは。

チョコ、1歳になったばかり。
突然の猫白血病の発症は、荒い呼吸からはじまった。病院に行ってレントゲン撮影をしてもらうと、肺が胸水で押しつぶされ、3センチ大の悪性リンパ腫ができてた。色々な延命方法があるけれど、もう死への道を戻ることはなく、長くても2ヶ月の命であると。ステロイド投与を毎日注射や飲み薬などで行っていて、ずいぶん元気にはなったけど、もうテーブルに飛び乗って悪さする元気はなく、1日のほとんどをペタンと寝転がって過ごしてる。今のうち、チョコといい時間を過ごしたいなーと思いながら、大切に、チョコと触れ合っています。

チョコの病気が発覚する直前、7月のおわり頃になって、どうやら私のうつ病が一旦収束したような感じです。3日おきに元気(といっても躁状態ではなく、動いて少しの家事ができる程度)な日と寝たきりで動けない日が繰り返されて、でも先生の初めの見立てどおり、通院1ヶ月を過ぎた頃から安定した日が続くようになりました。
かくして7月23日(日)毎年恒例の『親子の日撮影会』では、13組の親子さん、大家族で来てくださった方にも、笑顔で自然にお迎えしてお話しすることができました。炎天下、二人の子供を連れての屋外撮影会だったので、私は子供たちの世話でほとんど撮影には関われなかったのですが、久しぶりにお会いする方々や、はじめましての方々の親子のドラマをこの目で見て、お話しする中で感じることができました。
人と会って話すことが大好き!な私。それをすることを「恐怖」に変えてしまったうつ病も、もう終わりが近いです。人と会って話すことが大好き!な私に、98%くらい戻りました(*^^*) まだ数ヶ月は安定剤や抗うつ剤を服用することになるので、100%とは書きませんでしたが、もうほぼ完全に近い形で元気、そして、うつ病になったおかげで何かが抜け落ちたというか一皮むけたというか、自然体の私が新登場しました(*^^*)

精神的に、幾分か強くなれたことを感じています。
そして、大変だった日々を一緒に乗り越えてくれた夫との絆も、より深く強く。子供たちのことも、前よりももっとずっと大好きで愛しく感じます。 当たり前の日々は、実は当たり前なのではなくて、色々なことに支えられてそこに「やっとのことで」存在しているんだなぁと、とてもありがたく、感謝の気持ちで溢れています。

7月30日には、父の三回忌を終えました。
2015年7月30日の夕方、私が子供たちを連れて病院に面会に行った直後に、母と弟に見守られて父は息を引き取りました。父については、とてもここには書ききれない想いがあって、本でも1冊書けそうなほど。すごく大好きで、私の一番の理解者だったのに、2005年に度重なる脳梗塞発作の挙句に半身不随寝たきり食べれない口も聞けない状態になってしまうまで、父のことを嫌いなフリをしてた。理由は、母と弟に嫌われたくないから。もう、済んでしまったことで、私も私の考えあってのことで、後悔はそれほどありません。でもほんの少しだけ。父に直接伝えればよかった。「大好き」だということ。
三回忌の席で、それまであまり話すことの少なかった弟と、ウチの娘の将来に向けた教育方針について意気投合して熱く語り合いました。振り返れば弟と私は、子供の頃はとても仲が良くて、好きな音楽も同じようなアメリカやイギリスのロックバンド、高校だけは違ったけど同じ大学に通い、大学キャンパスで「ねえちゃ〜〜ん!」と手を振ってくれる可愛い弟でした。大人になって色々あって、なんか違う世界の人みたいに感じていた弟と、数年ぶりに意気投合して語り合う。とても嬉しい1日でした。

その同じ日の夜。
私たちの住む北九州市若松区の中川町の一角で、若松に熱い想いを寄せる多くの同志たちと出会い、知り合い、時間と想いを共有しました。若戸大橋が来年末に無料化、その時までに、小倉や戸畑方面からどんどん若松に人々が流れてきてくれるように、若松の魅力を発信して若松に吸引力を持たせたい。その個人的な想いが、たくさんの同志たちとの出会いによって、実現可能なことと感じられるようになりました。
その日の「若松に『まちの編集室を作ろう』会議」が終わった後に、家族そろって若松の伝統行事である火祭りを見に行きました。
↓がその時のInstagram投稿




私のうつ病のこと。振り返ってみると、5月に入る頃ちょうどゴールデンウィークあたりから「何かおかしいなぁ?」という自覚症状がありました。3月〜5月は写真屋の繁忙期でもあり、定休日にも休めない、かといって代休もとれない日々が続いていて「半日でいいから休みたいな」と常に頭でつぶやいていて、それでいて空虚ななんともいえない虚脱感があって、次第に人との会話中に頭が真っ白になって相手のことが聞き取れなかったり自分が受け答えをすることができなかったり、異常なほど物忘れが増えたり。

うつ病で調子が悪い日は3日連続とか寝て過ごしてしまうので、私にしてみれば一瞬で3日間が過ぎてるような感じ。調子がいい日も、思考能力や記憶能力が極度に低下してるので、時間の感覚がとてもおかしくて、今になってその日の営業日誌を見返してみても、断片的にしか記憶が残ってなかったり、完全に記憶から抜け落ちていたり。そんななので、私にしてみれば、ゴールデンウィークから7月半ばの梅雨明けまで、一瞬で時が過ぎてしまったような感覚です。無意識でも何でも書き続けていたInstagramに残っている自分の投稿が、記憶を辿るときの頼りになったりします。

ここ数日も、人生で3本指に入るほどショッキングな事が起こりまして。
昨日・今日とカフェ営業をお休みしています。うつ病の発作に似たことが出たりもしたけれど、うつで調子悪かった頃に比べて思考スピードが早くハッキリしているし、論理的にちゃんと話すこともできている。何より電話に出るのが怖くない(うつ真っ只中の頃は電話の音が恐怖でした)。ので、ショックな事件で一時的にダメージを受けているだけなのだと思います。現に、今日PCワークを集中してこなしていると、気が紛れて元気になってきました。時々、思い出したように泣いてしまうから、うつ病から回復中であることもあって、大事を取って店には出ないことにしているけれど。うん、元気です。

ゴールデンウィークが終わる頃、私、神社で大吉を引いたのです。
何もかも思いどおりに進むし願いは全て叶う、待ち人は来る、商売繁盛とのこと。その直後に、色々な苦難が次々にやって来ました。「私、大吉を引いたんだけどなー」と思ったけど、うん、これはきっと素晴らしい日々にたどり着くために、神様が「おまえならくぐり抜けて行ける力を持ってる!」と見込んで、私に試練を与えてくれている。
そう思えるほどには、元気です(*^^*)

子どもたち、YuiとHayatoのことについても、この夏に考え直したことや実行してること、などなど、書きたいことがたくさんありますが、それはまた次の機会に。

みなさん、いつもいつも、本当にありがとう。



★NMphotography. + nicola
>> http://choconeko.com
open 10:00 - 19:00 (cafeは水.木のみ11:00 - 17:00)
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
★chie’s Instagram >> http://www.instagram.com/chie_nicola/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

2017年7月26日水曜日

今日と明日はカフェ営業日です NMphotography.


NMphotography. + nicola
今日と明日、カフェ営業してます。
今日のおやつはクッキーです。(下の写真はシフォンケーキですがw)
いつもの日々ノ珈琲の美味しい珈琲ありますよ。


私は今回うつ病になってから、力を抜くことを覚えました。
今の私にできること、のんびり、お飲み物を片手にスタジオをぐるり眺めてもらったり、読書してもらったり、甘い物が欲しいなーと思ったら、クッキーとか、日によってはマフィンとか、ちょっとした焼き菓子がある。
自然体の私たちで、お待ちしてます(*^^*)
この頃、処方してもらっているお薬がバッチリ体に合ってきて、笑顔で元気な毎日です。元気だからと欲張ってアレコレ詰め込まない。私は根っから好奇心の塊だからアレコレやりたくなるけど、心身のバランスが保てる、子どもたちや夫やお客さまと笑って接していられる力加減で過ごすことを、やっと覚えました。

今日は久しぶりシフォンケーキ焼きたいなーと、朝起きた瞬間思ったんだけど、体と相談しながら。事務仕事も溜まっているので、多分、できないままでしょう。スタジオは、夫がバリバリやってくれていて、私は事務仕事なんかをボチボチ、お客さまとお喋りしたり、そんな位置にいます。

今日もみなさんに、笑顔になれる楽しい瞬間がありますように!
Have a nice day!


★NMphotography. + nicola
>> http://choconeko.com
open 10:00 - 19:00 (cafeは水.木のみ11:00 - 17:00)
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
★chie’s Instagram >> http://www.instagram.com/chie_nicola/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

2017年7月20日木曜日

私たちのスタジオ&カフェ、1周年を迎えます!


【1周年のささやかなイベントご案内】

私たちNMphotography.は、明日2017年7月21日にOpenから1周年を迎えます。

ささやかではありますが、21日(金)と22日(土)の2日間、スタジオにお越しくださった方に私たち自慢の美味しい珈琲を無料でサービスさせていただきます。本日完売してしまった人気のマフィンとクッキーの販売もする予定です。
撮影が入っていますため、下記のように少し時間帯が変則です。よくご確認のうえ、お出掛けください(*^^*)

2017年7年21日(金)11:00 - 18:00
2017年7月22日(土)11:00 - 12:45 および 15:00 - 18:00

この日のために、店のロゴを先日一新し、写真のようなロゴ入りオリジナルバッグを作りました。撮影をご依頼くださった方へアルバムをこのバッグに入れてお渡ししています。(プランによっては紙袋でのお渡しの場合もあります)
生成り色にグリーンのロゴ。シッカリしたキャンバス生地で、私たち家族も学校のサブバッグやちょっとしたお出掛けに活用中です。
1,000円にて販売もしていますので、欲しいな♪と思われた方は、お声掛けください(*^^*)

23日(日)は高塔山公園にて撮影会を行なっています。10:00から17:00まで、芝生広場に緑色のテントを立てております。撮影予約は全て埋まっていますが「どんな人がどんな風に撮ってるの?」と興味ある方は、チラっと見に来られてみてくださいね!差入れなんかももちろん大歓迎ですよ(笑)
私たち光永ファミリーみんなで、お待ちしています!


■NMphotography.
北九州市若松区童子丸2-3-9
(199号線沿い奥洞海駅前交差点の角)
http://choconeko.com
Tel 093-980-1823
営業時間 10:00 - 19:00
定休日 月曜日・第3日曜日

© Norihito Mitsunaga(光永 典人)
(Posted by Chie Mitsunaga)


★NMphotography. + nicola
>> http://choconeko.com
open 10:00 - 19:00 (cafeは水.木のみ11:00 - 17:00)
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
★chie’s Instagram >> http://www.instagram.com/chie_nicola/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

2017年7月19日水曜日

『タイミング』の話 〜神様は見てる〜


*写真は先月頃のいつかの朝の私たち by 光永典人

「神様はいつでも見ててくれてるなー」って思う。
今日は、夫が写真のセミナーで朝から外出。私がまだ安定剤を服用してて、1人でYuiの保育園送り迎えをするのが難しいので、Yuiを休ませて、さらにカフェ営業やスタジオお留守番もまだ私の体調に不安があるため、臨時休業させてもらっていました。
Yuiと2人で過ごすのは久しぶり。前々からお誘いをもらっていた、学研都市ひびきのにある『あそび工房』にお邪魔しよう!と、昨日から張り切っていました。あそび工房は、子育て中のママと子どものほっと一息つくスペースなんだそう。別件で知り合った方がそのスペースを主宰されてて、度々誘ってくれてたのだけどタイミング合わず……やっと今日行ける!今後わたしも何かイベントさせてもらったり、繋がりができるかも!と期待に胸を膨らませつつ、久々のYuiとのデートも楽しみだったのだけど……一本の電話が。

はい、Hayato(特別支援学校中学1年生)が嘔吐して熱があるとのことで、Yuiとのデートを兼ねたあそび工房へのお出掛けはキャンセルに。
まだ、あそび工房さんとの出会いのタイミングでは無かったんですね。でも代わりに、Hayatoと母子の触れ合いをするのが良い機会をもらいました!

先月はじめにうつ病になってしまってから、わたしは度々寝込んでしまったり、気がおかしく変なことを口走ったり怒鳴ったり泣いたり、子どもたちに母親として接する時間をあまり持てていません。Yuiも私とではなく夫と一緒にお風呂に入ることが当たり前になってしまい、夕飯も作れない日が多くレトルトものや買ってきたものを食べる事の多い子どもたち。負担になっていないワケがないです。
母親として、とても気になっていたのだけど、かと言ってまだ体調も不安定でどうしたものやら。と、そこに、今日のこの体調バッチリな日に、狙ったように私の母親としたの役目が巡ってきたのです!!

病気で学校から呼び出し、怪獣のような手強い娘も保育園をお休み……普段なら「うげぇーっ」と思うところですが、今日のこのタイミングは、とても嬉しかった。

朝に安定剤を服用していて、その薬には喉が渇いたり頭がボーッとするような副作用があります。そのせいで起き上がれない日だってあるのに、今日は頭スッキリ、視界クリアー、体も頭も重くない。車の運転ができるタイミングだったのです。1日ズレていたら、タクシーで高額なお金を払って迎えに行き帰りしなきゃだったのに、今日に限って運転できるし、夫に付き添ってもらわなくても子ども2人を世話できるくらいに元気(*^^*)

学校の保健室に行くと、私の顔を見て少し安心した表情のHayato。体がキツいし寒気もするみたいで震えたりしてたけど、病気でもピッタリ寄り添ってアタマを撫でたり腕をさすったりしてやると、普段は嫌がって突き放されるのに、今日は嬉しそう。Hayatoとこんな風なのは、何年ぶりだろう。多分、Yuiを妊娠中だった3年前以来、Hayatoを甘えさせてあげることが出来てなかった。

Yuiのほうも、保育園を休んで私とピッタリくっ付いて過ごした朝の時間、すごく幸せそうな顔をして、絵本をゆっくり読んでやると何度も繰り返すようせがんで来たり、お昼には私、Hayatoのこともあっておにぎりしか作れなかったのに、私の膝に座って美味しそうにたくさん食べてくれた。(普段は食べムラや歩きながら食べがヒドくて大変なのに)
Hayatoも学校から帰ってきて家にいる。ママもお兄ちゃんも一緒だ!っている安心感と嬉しさが、普段は激しい性格のYuiの優しい表情に表れてた。

タイミングと言えば、私がうつ病になったことも、ある意味とてもタイミングが良かったんです。5月は写真屋は繁忙期で、定休日なんて全く休めなかったし睡眠時間も削る日々。その繁忙期が一段落するまで、うつ病の発症を止めてくれてたのは、やっぱり神様なのかな?と思ってしまいます。3月くらいから、仕事がとても忙しくて、でもOpen1年目の私たちにはありがたいことで、喜んで休みを返上してた。でも、本当は休まないと体が持たないという事、そして体が「休みたいよ、休ませてよ」と言ってる声にも気付いてた。

自分の体があげていた悲鳴を受けて、6月いっぱいでカフェでのケーキ販売を中止することなどカフェ縮小の方針を打ち出していたのだけど、本当はそんな事では足りないこと、分かってた。けど気付かない振りをしてた。それを神様はちゃんと見てたから「こりゃあかん!」って、私にうつ病を発動した。そーいうことなんだと思う。

うつ病になると、とても判断力が鈍って、記憶も曖昧になって、また人によっては性格がキツくなったり、無意識に家族や身近な人を傷付けるような言動を取ってしまいがちなのです。もっと別な症状の出方の人もいると思うけど、私はそんな感じになります。実際、20代の頃にうつ病だった3年の間に、私の言動が原因で2人の親友が去ってしまった。その時は何とも思ってなくて「せいせいした!」くらいに思ってたけど、数年たって鬱が良くなってから振り返ってみたら……私が書いたであろう手紙やメール、こんなの受け取ったら友達やめたくなって当然よね…と思える内容。しかも、それを私が実際に書いていたという。そんな記憶はほとんど無くて、うつ病で性格が歪んでしまっていた間に起こってしまったこと、今でも思い出すとズキンと胸が痛いです。

今回も、夫に対してヒドイことを言ってしまったり、鎮痛剤を大量に服用して自暴自棄になってしまったり、突然何も持たず失踪してしまったり、自分でちゃんと覚えてる事と記憶にない事が半々。多分、夫が私に言わずに黙っていてくれてる事もあるだろうと思います。
それでも私を見捨てるどころか、献身的に守って助けてくれる夫。頼りない変なママを頼ってくれる子どもたち。死にたいと何度も思って具体的な方法を考えたりもしたけど、その度に優しい夫や可愛い子どもたちが無言で私の「生きたい」気持ちを引き上げてくれた。

私、こう思うんですけど、自殺してしまった方々は、きっと色んなタイミングが悪くて、例えばうつ病や他の何かに苦しんでて、死にたいくらい苦しいんだけど本当は生きたくて、でもたまたま親や友達が電話に出れなかったり、タイミング悪く最悪な気持ちの時に線路に立っててフラッと一歩踏み出してしまった……そんなような、タイミングなんだと思うんです。私にだって、フラッと線路の中に飛び出そう、道路の中央線を超えてトラックの正面に飛び出そうとか、思ってしまう時はあった。でも家族や友達や、そんな温かい存在がタイミング良く頭に浮かんで、私を生かしていてくれた。

私たち夫婦がスタジオをこの場所にOpenできたのも、お金もなかったのにたまたま機会が巡ってきて上手く運んだり、5年前はもう少しお金はあったのに出店計画がダメになってしまったり、その時その時の、タイミングを、神様のような大きな存在が、カチッとスイッチ押してるのかファミコンのコントローラーを操作してるのか分かんないけど。はたまた自分たちの無意識がなにかに作用してるのかな。

そんな、タイミングについて思い巡らせたままを、今日は綴ってみました。

今回のうつ病では、本当にありがたい気付きがたーっくさん。夫のことがより愛しくて一生どんな事があっても一緒に居たいと改めて思えたこと。こんなヒドい状態になってしまった私のことを「改めて、ずっと一緒に居たいと思った」と夫も言ってくれた。隠すものなんて何もなくて、腹を割って夫婦で気持ちをぶつけ合うことができた。そんな事があったって私たちは一緒に乗り越えていけるんだという自信とか。

見ていてくれる友達とか、メールやメッセージを思わぬ人からもらったり、1つ1つの温かいものの存在を、こんなにありがたいと思えること。

取り止めがないけど。本日、ここまで。
明日はスタジオもカフェも営業です!
そして明後日は、スタジオOpenから1周年!
今週末の『親子の日撮影会』は、発表からたったの一夜で満席御礼!

ありがとうでいっぱいの、毎日です。


★NMphotography. + nicola
>> http://choconeko.com
open 10:00 - 19:00 (cafeは水.木のみ11:00 - 17:00)
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
★chie’s Instagram >> http://www.instagram.com/chie_nicola/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村

2017年7月11日火曜日

うつ病は「幸せ感度」をUPするための贈り物


自分のうつ症状を自覚し始めてから1月半ほど。実際にメンタルクリニックを受診して、安定剤と抗うつ剤を服用し始めてからちょうど1ヶ月。 
今までの3回の受診のたびに「薬が効いてくるのが1ヶ月くらい」「あなたは数ヶ月薬を飲んでいけば完治します」と言われていたけど、先週は「起き上がれない」「しゃべることができない」「すごい倦怠感と睡魔で寝たまま」の状態の日が3日続いたり、元気な日でも人と会うのは怖くて接客なんてできたものではなかったので、本当に治るのか、またみんなの前に出て歌ったり、スタジオのお仕事をしたりできるのか、不安があった。

けど、今日の朝。目が覚めても頭に霧がかかったような感じもなく、体が鉛のように思いわけでもない。朝ごはんの支度をしても涙が出てくることもない。それが3日連続続いた今朝、やっと効果がでてきてるのかな、また元気に働ける日がくるんだなぁと前向きな気持ちが湧いてきた。(前から前向きは前向きではあるんだけど、やっぱり、不安もあったので)


先日の日曜日。小倉で私たちの写真スタジオがイベント出店。人がたくさん集まる場所では、今の私の健康状態ではパニックになりやすい。でも、行くと良いことがありそうな直感があって、その直感に従って参加してみたら、本当にたくさん良いご縁が繋がったし、パニックなどの発作も何も出ずいつもの私のスマイルでお客様とも他の出店者の方々ともお話ができた。
普通に過ごすことが、こんなに幸せ。
今までの当たり前を幸せだと感じられるようになる。
「うつ病」って、幸せ感度をUPさせるための、神様からの贈り物だったんだと、今は思える。まだ油断はできないけれど、ゆっくりゆっくり、以前のようは生活に戻ってゆける。
辛い期間は本当に辛くて、死ぬことを何度も考えた。でも、そんな時でも子どもたちの将来にふと思いを馳せたり、夫と叶えたい夢のこと、それで我に返って「やっぱり生きるんだ」と強く思い直して立ち上がる。その繰り返しの先に見える、今までと何も変わりないんだけど全然違って目に映る世界。

写真は昨日家族で出かけた福津市の風景。ドライブ途中、あんずの里の辺りの綺麗な田園風景はいつ見ても心が洗われます。
津屋崎の宮地浜海岸で海に足を浸して遊んでいると、日が沈んで燃えるような真っ赤な夕日。涙がでてきて、久しぶりに歌詞とメロディが頭に浮かびました。忘れないように、こっそりとiPhoneのボイスレコーダーに保存して、近いうち完成したい。数年ぶりの私の新曲。

以下、昨日のInstagram投稿より。

- - - - - - - - -
今日も福津に来てます。
Hayatoの希望により #津屋崎 #宮地浜 にある『ランドシップ』へ。海辺のカフェ、です。昔はHayatoをあちこちのカフェに連れ回したものだけど、一度しか行ってなくてもしっかり覚えてて、道路の道順まで記憶してるのが凄い。


私、今日は何かに取り憑かれたように家中の床や廊下やドア、階段など、木の部分を全部拭き掃除しました。広〜い日本建築の家。引越して来てから14ヶ月にして、初めての拭き掃除!(どれだけ家の事を放ったらかしていたのか)
こんなに家を疎かにしても、商売を盛り上げてくださり、家族の健康を守ってくださったお家の神様に、ずっと「ありがとうございます」を言いながら、隅々まで拭きました。


雑巾片手に1つ1つ柱や建具などの造りを見てると、本当に立派なお家。築48年と思えない綺麗さ。店から出入りする生活なので、玄関(店とは別にあります)には表札もなく、閑散としてて、こんな玄関を守ってくれていたポトスやラベンダーやその他観葉植物たちにもお礼を言いました。若松のひびきのにあるカーニバルというスーパーで誕生日ごとにいただく植物。勝手口の裏に水やりもせず置きっ放し、前の家でも全く放置された子たちなのに、立派に育って木化してる。同じく3年放置され続けたゼラニウムにも、可憐な花が咲いてた。


どれだけのことを置き去りにして、私は走ってたんだろう。うつ病になって、本当によかった。今こうして家族といられること、食事もできてるし、最低限のお洒落も愉しめている。本当に、幸せ。


あ、昨日かなり無茶と思える活動をしたんだけど、今日揺り返しもなく、比較的安定した体調です。車の運転は、少ししてみたけどまだ危ない。そして母と少し電話で話すと発作出そうで怖かった(母も今、軽い鬱なのでお互い大変なんすw)
さあ、宮地浜に着いた!
まずは海へ飛び込めーーー笑

- - - - - - - - -



★NMphotography. + nicola
>> http://choconeko.com
open 10:00 - 19:00 (cafeは水.木のみ11:00 - 17:00)
北九州市若松区童子丸2-3-9(JR奥洞海駅前、199号沿い)
Phone 093-980-1823
★chie’s Instagram >> http://www.instagram.com/chie_nicola/

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 北九州情報へ
にほんブログ村